2006年12月31日日曜日

琵琶湖

昨日から琵琶湖に来ています。

今回泊まったのは、何回か使った大津プリンスではなく琵琶湖ホテルというところです。

これが予想以上にいいところでした。

昨夜は、夕食にカニと牡蠣フライを嫌というほど食べました。

年明け一月二日には東京に行ってしまう娘との最後の旅を楽しんでいます。

2006年12月30日土曜日

ルート共有サイト

最近は、いろいろな共有サイトがあるようですが、「ルート」の共有サイトがあることを今朝知りました。
ALPSLAB routeはルート共有サイトです。
ドライブルートやジョギングコースなどのルートを作成して公開できます。

http://route.alpslab.jp/



非常に興味深いです。今朝知ったばかりなのでまだ詳しく見てないのですが、上に組み込んだ地図(箱根駅伝の第1区)だけでも楽しいのですが、このルートデータをGoogleEarthで表示させることもできるようです。箱根駅伝を楽しみながら、この地図データを有効に使いたいですね。
 
2006年12月29日金曜日

携帯電話からbloggerへの投稿

携帯電話からbloggerへの投稿ができるようにしておきたいと思い、bloggerのヘルプを見てチャレンジしていたのですが、なかなか成功しませんでした。

  • ヘルプに書いてある通りにやってみても、エラーが返ってきます。
  • 試しにGmailから送ってみるとうまくいきました。
  • 再度携帯電話から送信してみると、やっぱりうまくいきません。

途方にくれて、Googleで検索してみたら、分かりました、(^.^)

 自分のアカウント名.任意の文字列@alpha.blogger.com

これでうまくいきました。(この記事を参考にしました) 「任意の文字列」というのはbloggerの設定で自分が設定しておいた文字列のことです。ヘルプにはalpha.の部分がありませんでした。しかし、Gmailで試したときには、それがなくてもうまくいきました。なぜそうなのか理由は分かりませんが、私にとっては携帯電話から投稿ができることが大切なので、これでよしとします、(^_^;)「携帯電話からの投稿」に関しては、同じようにbloggerを使っている妻も希望していたので、これでサポートとしての役割を果たせました。
 

ユキイロ.com



少し前に登録しておいたユキイロ.comから今朝続けざまに2通のメールが来ました。

ユキイロメールというもので、高速道路上の雪情報を、登録した内容に合わせてメールで伝えてくれます。今年は、なかなか雪が降らなかったので、登録しただけで出番がなかったのですが、今朝になって、合計4通のメールが送られてきました。

ただ、残念なことに、ユキイロ.com自体はアクセスが集中しているようでパソコンからアクセスしてもつながりません。それぐらい昨夜からの日本海側を中心とした雪は「いきなり」という感じが強かったのだと思います。

みなさんのところの雪の様子はいかがですか?

今、カーテンを開けて外を見たら雪が舞っていました、(^_^;) 先ほどのメールは「彦根付近 大雪 積雪13cm」でしたので、名神高速道路の関ヶ原付近は間もなくチェーン規制になるかもしれませんね。雪が降っている地方のみなさん、十分気をつけて車の運転をしてくださいね。
2006年12月28日木曜日

Appleにもう少しでやられそう

Apple Storeから時々メールが来ますが、Appleというのは、けっこう商売上手というか、「その気」にさせるのがウマイと思います。

今朝届いていたメールのタイトルは
みんなへのギフト選びはもう終わり。次はあなたの番です。
でした。思わず

(そうだよな。自分へのごほうびとして何か買おうかな)

という気分になってしまいましたよ、(^_^;)

もちろん、まだ買いません。1月中旬以降にiPodの新型が出そうなので、それを見るまではじっと我慢です。でも、ぐらっときたことは確かです。危ないところでした。
2006年12月27日水曜日

Pockyの彼女

(ちょっと気になるなあ)

と思っていたら、「小春日和の陽射しの中で」のjunikeさんのエントリーにアップされていました。おかげさまで彼女のことがよく分かりました、(^.^) junikeさん、ありがとうございました。

ふむふむ、新垣結衣(あらがきゆい)さんというんですね。沖縄出身ですか。沖縄強いですねえ。

思わず、リンクをたどってPockyのCMを何本か見てしまいました。

ポスト長澤まさみと言われているんですね。長澤まさみも、「ロボコン」に出ていたころに比べるとポッチャリ化が随分進行してしまってがっかりしていましたので、私としてはちょっとうれしい気持ちです、(^_^;)

しかし、芸能界も大変ですね。他人事ながら心配になります。みなさん、がんばってくださいね。

私は、私なりにココでがんばります。
 
2006年12月26日火曜日

カリモク60

次女が年明けに東京に行ってしまうことで部屋が一つ空くので、その部屋を私と妻の仕事部屋に改装することにしました。(現在は、いわゆる座敷としての和室を仕事部屋にしていて、来客があっても寝ることができない)

そこで、壁面収納とか机とかを物色して発注するのにここ数日時間を費やしていました。

その一連の作業の中でリビングのソファも替えたいね、ということになりいろいろ探してみたのですが、わが家のリビングには大きすぎる物ばかりです。そんなときに愛知県に本社があるカリモク家具のカリモク60というシリーズが目に留まりました。

このカリモク60というシリーズのコンセプトは、メーカーサイトによれば
単なる復刻ではなく、今という時代への普遍性の提案
ということになります。「60」というのは60年代という意味らしいです。そんな家具の中で気に入ったのがこれです。



カリモク60のKチェアシリーズの中ではこれの黒が一番人気のようですが、あえてアイボリーを選択してみました。この2人掛けのタイプと、もう一つ1人掛けのものを購入予定です。今日、実物を見に出かけてきます。
2006年12月25日月曜日

LOGBO

LOGBOというものをもらいました。



これ、韓国ドラマの中で使われていた電子ペットだそうです。いわゆる「たまごっち」みたいなものです。ちゃんと公式サイトもあります。

悲しき恋歌LOGBO(ログボ)公式サイト
http://www.logbo.jp/logbo.html

もらったものなので文句は言えませんが、外見からして私好みではありません、(^_^;)。しかし、「しばらく飼ってみてどんなものなのかレポートします」と言ってしまったので、仕方なく300円を投資して単4電池6本を購入しました。

3日目になりますが、ちっとも楽しくないし、かわいいという気持ちもわいてきません。2体1セットで、赤外線通信によって掛け合いで歌も歌うのですが、先にも書きましたが、基本的なデザインがアウトで、気持ちがその先に進みません、(^_^;)



これ、ネット価格では9,000円近くします、(@o@)

私がもらった物にはドン・キホーテのラベルがついていましたので、実際にはそんなに高いとは思えないのですが、大きな期待を持って購入した人は、相当な落胆を味わうのではないかと心配です。余計な心配かもしれませんけど…
2006年12月24日日曜日

MEIJI TAISHO 1968-1926

昨日知ったばかりで詳しく見てない状態なのに、そんな状態で紹介するのも気が引けるのですが、あまりのすばらしさに興奮しています。



明治大正 MEIJI TAISHO 1968-1926
http://www.meijitaisho.net/

とにかくすばらしいです。一度行ってみてください。壁紙、アイコンなどがダウンロードできます。この感じで「昭和」もぜひお願いしたいところです。すでに、iMacG5の壁紙は変更しました、(^_^;)
2006年12月23日土曜日

クリスマスの約束2006

忘れないようにメモしておきます。

今年も「クリスマスの約束」がやってきます。(そろそろあるはず…)と思い、(ひょっとしたら終わってしまったかな…)と焦り、TBSのサイトを確認したらすぐに見つかりました、(^_^;)

今年は、12月28日木曜日深夜からの放送です。いつもより遅いですね。



まだ終わっていなかったことに安心しましたが、来週のことなので忘れてしまわないだろうかと不安でもあります。小田和正氏のコンサートには昨年行きましたがすばらしかったです。

テレビ放映を見れば、きっと1年前のことが昨日のことのように思い出されるでしょう。楽しみです。 
2006年12月22日金曜日

本日で終了2件

ロリポップを借りて運営していた「Y2C401号室」は、本日12月22日をもちまして終了となります。ひょっとしてまだこちら(石橋を叩いて壊すオトコ)をブックマークしていただいてない方は、お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

ロリポップの方は、先日、解約手続きを行いました。

明日になったら「Y2C401号室」が消えてなくなると思うと、少し複雑な気分です。

さて、もう一つ本日で終了なのは2学期です、(^.^) 本日が終業式。明日から冬休みに入ります。

この冬休みは、娘のことでいろいろやることが目白押しで、ゆっくりしている暇はないかもしれませんが、しっかりと気持ちをリフレッシュさせたいと思っています。

今回は、出張もなかったので年休のまとめ取りをしました。年内はすべて自宅で活動することができます。やっぱり、ウキウキしますね。
2006年12月21日木曜日

3000人以上の校長を学校以外からヘッドハントせよ

nikkeiBPnetで連載されていた藤原校長の注目のコラムの最終回が昨日アップされました。

今、学校で何が起きているか
「3000人以上の校長を学校以外からヘッドハントせよ」

なかなか興味深い内容なので一読をお勧めします。

今、教員の定員の2割を社会人枠にという話がありますが、繰り返し書いていますが、私は、それは「うまくいかない」と思っています。しかし、この「校長を外部から積極的にヘッドハント」という件に関しては、それもありかなという気がします。

ただ、藤原校長も書いている通り
だから、「昇進」や「賞与」で教員を動機づけようと考える中途半端な民間人が校長に就任すると失敗するケースが多い。
というのは、その通りだと思います。このことは、教員をランク付けして「がんばった教員を優遇」などということを考えている人たちにはぜひ考えてもらいたいことです。私も、教員のランクづけが実際に始まったら「最低ランクでいいから、好きなようにやらせてね」というスタンスで行きたいと考えていますから、(^_^;) 

同じような気持ちの人は割と多いように思います。(口に出すか出さないかは別にして。)

それから、今回のコラムで、みなさんにぜひ読んでいただきたいと思った部分は、後半の

家庭でできること〜テレビと携帯中毒に気をつける

と、最後の方で語られている

こころの教育や命の教育は教員の仕事か

という部分です。昨日、岡崎で起きたホームレス殺人事件で中学生が逮捕されましたが、その母親はテレビの取材に対して、悪びれる様子も無く、まるで他人事のように語っていました。保護者としての自覚が全くなく、また、そういう姿勢をメディアが糾弾するようなこともありません。一方では、市教委か校長(あるいは教頭だったかもしれません)は「指導が行き届かなくて申し訳ありません」みたいなコメントを出していました。何かおかしいのでは?と感じたのは私だけでしょうか。

宗教(信仰)に関しては、私も以前から感じていることです。オウムのようなことが繰り返されるのはもちろん困りますが、歯止めとなるものが現在の日本にないことは大きな問題であると思います。
2006年12月20日水曜日

旅自慢

残念ながらMacOSXには対応していない(Windowsのみ)のですが、地図のゼンリンからちょっとおもしろそうなソフトが発売されるようです。



「旅自慢」という名のこのソフト、旅行記などの作成がメインのもので、ゼンリンのソフトらしく地図を簡単に取り込んだりすることができるようです。サンプル画像を見て分かるように、けっこう本格的なものができそうです。

コクヨS&Tのオンライン製本サービスに対応ということで、きちんとした本にできることもポイントが高いですね。

気になるお値段は 標準価格7,980円(本体価格7,600円)発売は2006年12月22日の予定です。専用サイトも準備されています。

旅自慢 http://www.zenrin.co.jp/product/tabijiman.html
 
2006年12月19日火曜日

体調がゆっくりと下降中

落ち葉

昨日の朝からお腹の調子がイマイチで、体調がゆっくりと下降中であるという自覚があります。

体調がイマイチだと気分的にも後ろ向きになりやすいです。

体が疲れてきているのかもしれませんので、逆らわず、のんびりします。

振り返ってみると、この2週間ぐらいは、ややオーバーペースだったかもしれません。
2006年12月18日月曜日

手を付けなければいけないのは別の部分

教育基本法が改正され、その後まず手を付けられるのが教員免許法の改正らしいです。免許更新制にしていわゆる不適格教員を排除し、更に「がんばった教員」に厚い待遇をする(「がんばった」って何をどうすることが「がんばった」ことになるのかなあ?)という予定らしいですが 、何をトンンチンカンなことをやろうとしているのだろうか、というのが私の思いです。

先日も、書きましたが、どうも世間の皆様は「教員さえ変えれば様々な問題は一気に良い方向に向かう」と単純に考えていらっしゃるようですが、その「教員」の中にいる私の実感は全く違います。

教員の「質」の20年以上前と今を比べてみても、私には、それほど変わっているとは思えません。

しかし、「ものすごく変わった」という、(教員とは違う)「別の部分」は、学校を取り巻く環境の中にはっきりと感じ取ることができます。

本当に手を付けなければならないのは、そこです。

その部分に関する声が、なかなか大きくならないのは、なぜなんでしょうか、(-_-;)? 
 
2006年12月17日日曜日

2つの忘年会

昨夜は父の忘年会でした。

日々、母の介護に忙殺されている父は相当疲れています。月に2回土曜日に交代していますが、手伝いに行く度に、父が毎日こういう思いをしているのかと思うと心が痛みます。

そんな父のことを、父の友人たちも心配してくれていて、父の都合を最優先して忘年会の日程を組んでくれました。それは、つまり、その間母の世話をすることになる私の都合を考えてくれたということです。

通知表も完成し、個人懇談会も終了した昨日の土曜日が「その日」となりました。夕方、4時半頃に実家に行くと、すでに父は準備を済ませ、楽しそうにしていました。引き継ぎをして、しばらくしてから、背中に嬉しさを全開にさせながら父は出かけていきました。

さて、話はもう一つの忘年会のことです。「お父さんが忘年会にいくのなら、留守番しているお母さんのために、こっちはこっちで忘年会をやりましょう」と妻が提案してくれていたので 、夜6時半ごろから、母と私と妻、そして次女を合わせた4人で「もう一つの忘年会」をスタートさせました。

メインは、その日の午後から仕込んだ自家製ピザです。母のお気に入りなのですが、この日も喜んで食べてくれました。母は、左半身が思うように動かず不自由な暮らしを余儀なくされていますが、頭の方は全く衰えを見せず、テレビを観ながら鋭い突っ込みを連発していました。

楽しそうでした。嬉しそうでした。

このアイデアを出してくれた妻に感謝です。ありがとう。
2006年12月16日土曜日

心病む教員

心病む教員、休職最多の4178人・05年度公立校

 全国の公立小中高校などの教員のうち、精神性疾患を理由とする2005年度の休職者は過去最多の4178人で、病気休職者総数の約6割に達したことが15日、文部科学省のまとめで分かった。前年度より619人増え、増加は13年連続。同僚との人間関係や保護者への対応を巡るストレスから不調に陥るケースが多いとみられる。

 病気休職者総数(7017人)に占める割合は3.1ポイント上昇して59.5%と、これまでで最も高かった。(07:00 nikkei.net)

この記事では

同僚との人間関係や保護者への対応を巡るストレスから不調に陥るケースが多い

とされていますが、私は、理由のほとんどが「保護者への対応を巡るストレス」ではないかと考えています。実際、対応に苦慮しているケースは、私の周りでもいくつもありますし、私自身、いつそうなってもおかしくないような状態であると思っています。

自分がかろうじてバランスをとれているのは、学級の子どもたちとの関係がうまくいっているからであり、それなしでは日々の生活は成り立ちません。

もちろん、今のような関係を作り上げるにはそれなりの努力が必要なわけなのですが、年度当初に「目先の友好関係」だけにとらわれていると、この時期あたりで相当苦しい状況に陥ってしまうはずです。そうならないために今まで様々な努力をしてきました。

私にとっては、これからの時期が学級担任としての本当のシアワセな時間になるだろうと思います。というか、そうなるように、油断せずに、正直に、子どもたちと接していきたいと考えています。

結局は、それが真に穏やかに生活することにつながっていると思います。
 
2006年12月15日金曜日

マイケル登場?


マイケル登場?
Originally uploaded by Y2C.

先日の生活科フェスティバルでの一コマ。

狙ったわけではないのですが、偶然こんな物が撮れていました、(^.^)

マイケルジャクソンもどきの彼は、普段はこんなことをしないような子なのですが…、意外にお茶目なんですね。

子どもたちは何をするか予測がつかないので、たくさん写真を撮っておくと、こんな掘り出し物が見つかることがあります。写真の被写体としては、子どもたち(特に低学年)は最高です。


2006年12月14日木曜日

今どきのオトナ、今どきの子ども

日経BPnetの連載コラム「今どきのオトナ、今どきの子ども 」の最新シリーズが非常に興味深い分析をしています。

高校生の語る「履修単位不足問題」「いじめ問題」(1)
高校生の語る「履修単位不足問題」「いじめ問題」(2)
高校生の語る「履修単位不足問題」「いじめ問題」(3)

一連の報道、分析に対して(うーん、何か違うような気が…)と感じていた私にはとても新鮮な切り口でした。一度に読むにはちょっと長いような気もしますが、お勧めです。

それにしても、「履修単位不足問題」にしても「いじめ問題」にしても
「結局、終わっちゃったんじゃないんですか(F君)」というのが彼らの感想らしい。
という部分に、私自身も(確かにそんな気もする)と思ってしまうところに、この国の不健全さというかノー天気な部分を感じてしまいます。これでは解決するはずはないですよね、(-_-)

【追記】

「終わっちゃたんじゃないか」という私の感想は、もちろん「いじめ問題」に関心が無くなったという意味ではありません。そもそも、私にとっては、その問題はいきなり起こった問題では無く、日々対峙している日常的な問題です。センセーショナル、ヒステリックに取り上げられるメディアの話題としての鮮度は落ちたかな、ということです。国民の関心の移ろいやすいことにもあきれますが、当面の犯人を捜して、「はい一件落着、次の事件」というような扱いをするメディアの無責任さには本当にまいります。「いじめ問題」は私にとっては、急に始まったわけでは無いし、もちろん終わったわけではありません。子どもたちの変化については敏感でいなければいけないと思いますし、心配もしています。そして、その心配は、今後も加速していくでしょう。
 
2006年12月13日水曜日

教室の時計


教室の時計
Originally uploaded by Y2C.

見つかると叱られる可能性が非常に高い教室の時計改造、(^_^;)

過去にも、鉄腕アトムに改造などの犯歴を持つ私でありますが、また「改造魂」に火がついてしまいました。

子どもたちはけっこう喜んでいます。

最大の弱点は時計の針が見にくいことです。でも、(今、何時かな?)と時計を見るたびに、ほのぼのとした気持ちにさせてくれます。

でも、こういうことって、腹が立つ人にとっては許しがたいことなんでしょうねえ。(一応、今回も「期間限定改造」ということにしてあります)

2006年12月12日火曜日

ちょっと憂鬱

明日から、2学期末の個人懇談会が始まります。

ちょっと憂鬱です。

これを最も苦手とするのが私であります、(^_^;)

まあ、学期末の個人懇談会が楽しみで仕方がない、という教員がどれくらいいるか私には分かりませんが、おそらく同じような気持ちになっている人たちがたくさんいるのではないか、と私は勝手に思っています。

ま、しかし、どう思おうと個人懇談会はやって来るのですから、誠意を持って臨みたいとは思います。

ため息ばかりついてないで、前向いて歩きなさい。(←自分に対してきっぱりと)
2006年12月11日月曜日

「じぶんでモード」

通知表も完成していた土曜は、母の所に行っていましたが、母は体調を崩して寝込んでいましたので、ほとんどの時間を隣の部屋で作業に費やしていました。

やっていたのはLiFE* with PhotoCinema2+での作業です。実は、学期末反省会の折りに、サプライズ企画としてちょっとしたフォトシネマを作ることになりまして、その準備を進めていたというわけです。

私は、こうした会(「反省会」とはなっていますが、実際はお酒が出るいわゆる飲み会です)には「出ない」のですが、たまたま今回は幹事としての担当学年に所属していますので、会にも出ない、その関係の仕事もしない、というのではちょっとマズイだろうということで、余興の一つとしてフォトシネマを作らせていただくことにしたのでした。

LiFE* with PhotoCinema2+を購入して以来、「おまかせモード」では5本以上作っていますが、今回は、少しメッセージ性を込めた物を作りたいと思っていましたので、これを機会に「じぶんでモード」の研究をしてみました。

やってみた結果としては、現段階では「だいたい思うような物ができる」という段階にはなりました。

作った物を妻に見せてみましたが、「デジカメの静止画なのに映画観てるみたいね」と言っていました。

 曲+静止画+動きのある効果+字幕によるメッセージ

がそんな感じにさせるのだと思います。ここで発表したい気持ちは150%くらいあるのですが、職員の顔が次から次へと出てきますので公開は不可能です。とても残念です、(^_^;)
2006年12月10日日曜日

やっと届きました。Photo Book


iPhoto Photo Book
Originally uploaded by Y2C.

首を長〜くして待っていたPhotoBookが、昨日やっと届きました。

届いたのは朝11時ごろで、郵便局の配達の人が手渡しでくれたそうです。私は家にいなかったので、その瞬間のヨロコビを体験することができませんでしたが、妻は跳び上がるほどうれしかったそうです。

夕方、自宅に戻り、早速確認です。

事前に調べて知っていたのですが、この箱を見るだけで、仕上げの丁寧さが分かります。

そっと箱を開けてみると、中に入っていました。

iPhoto Photo Book

私が想像していたものより紙は薄かったのですが、それでも、自分が(実際には、妻と娘が撮影してきたものですが)撮った写真が1冊の本になると感慨深いものがあります。

コメントもきちんと表示され(当たり前かもしれませんけど)、応用すればphotoエッセイ集や絵本を作ることも可能です。

自己満足にも最適ですが、これ、プレゼントにすると相当喜ばれそうです。

私の場合、24ページで送料込みで約5,000円でしたが、予算5,000円程度でプレゼントするものに困るような場合(実際、そういう場合ってありますよね)、少しの手間と時間をかければこんな素敵なものを作ることができます。

MacOSXのユーザーの方でまだ試したことがない方、一度試してみてはいかがでしょうか?

サイズは、小さなものもありますが、送料のことを考えると、私が選んだ「大(ハードカバー)」が最もコストパフォーマンスが高いと思われます。

2006年12月9日土曜日

思いきり寝てみたら

全国の教員のみなさま、お疲れさまです。通知表の進み具合はどうでしょうか?

私はといえば、通知表はすでに昨日完成し、校長室内の金庫の中に入れてあります。

提出締め切り前の土日を通知表書きでつぶすのは絶対に嫌なので、それまでには完成させるというのが私のポリシーなのですが、そのために、その前の土日を仕事に捧げるのもどうかという疑問はあることはあります、(^_^;)

ま、しかし、とにかく仕事は完了し、昨日はゆっくりとした夜を送っていました。私にしては珍しく、フトンの中に入ったのは11時半過ぎ。

(明日は、目覚まし無しで、とことん寝てみよう)

と思いましたが、結局、今朝目が覚めたのは6時半。部屋に来てみると、iMacはすでにスリープから復帰し、iTunesのラジオからは休日用に設定されているClassicが流れていました。

今日は、母のところに行く日です。

実は、母は昨日から調子が悪く(デイサービスで胃腸カゼをもらってきたようです)、心配しています。
2006年12月8日金曜日

教員「社会人枠」

教育再生会議は
  • 社会人が現在の仕事を辞めずに公立校の教壇に立てる新たな制度
  • 採用者の2割程度を社会人向けの特別免許の取得者とする

などの答申をするようです。

これ、相当考えが甘いように思います、(-_-)

世間の人たちの多くは、教職員の資質にこそ問題があり、そういった教職員を排除さえすれば、現状は大幅に改善されると楽観的に考えていらっしゃるようですが、現場はそんなに甘いものではありません。

最近の学校ではゲストティーチャーと言って、外部の方々を呼んで話を聞くことが時々ありますが、あれが比較的うまくいっているのは、学級担任が同席しているからです。ゲストティーチャーとして招かれた方が(なんだ、けっこううまくいくじゃないか)と感じたとしても、その背後には学級担任の日々の指導があることをきちんと認識してもらわなければなりません。(ちょろいもんだ)と感じたことを、毎日確実に感じられるという保証はないと言えるでしょう。そんなに甘くはないんです。

また、社会人枠として採用された方々は、いわゆる雑務(集金事務やその他諸々)はどうするのでしょう?免除ですか?授業だけですか?

一番気になるのは現在の仕事を辞めずに公立校の教壇に立てるという点です。このことから考えると、どうも社会人枠の教員というのは、いわゆる「パートタイマー」なのではないかと思われるのですが、正直、そういう感覚で学校現場に「2割」も来てもらっては、今以上に現場が大混乱になることは必至です。

来るなら、退路を断って、それなりの覚悟を持って現場に来て欲しい、と強く願います。

「社会人枠2割」はうまく機能しないと私は思います。
 
2006年12月7日木曜日

こういう対応なら、(^.^)

学期末の仕事に追われながら、時々フォトシネマを作って遊んでいます、(^_^;)

さて、LiFE* with PhotoCinema2+の正式版を購入した後、少し困った症状が出ていました。

それは、作ったフォトシネマをフルスクリーンで再生した後(画面が800×600の解像度になります)、元に戻すとデスクトップのアイコンの位置が変わってしまうのです。メーカーサイトのFAQには「アップデータを適用で解決」という記事がありましたので 、もう一度確認をしてみたのですが、良く読んでみれば、最新版の私の場合には必要がありません。2,3日困った後、やむなくメーカーサポートにメールをしてみました。

返事が即日あり、次のような内容が書かれていました。

考えられる原因としては○○様のマシンに既にインストールされている「常駐ソフト」が影響している可能性があります。また、パソコンの機能を拡張するようなソフトが影響していることもあります。
この場合、弊社で症状を再現することが出来ず、また同じ環境をご用意することが出来ないため、原因を特定することが難しい状態です。

(うーん、そういうことか。そう言われてしまえば仕方がないなあ…)

と自力解決の道を探るしかないという覚悟を決めた時、その続きを読んで少し驚きました。

今回の症状が原因で「これ以上使用できない」ということであれば、誠に残念ではございますが、せめて返品だけでも承らせていただきます。返品をご希望とのご返信をいただければ、実際のお手続きについて再度ご連絡させていただきます。

このたびは、最善の策をすぐにご提案できないことを、深く深くお詫びいたします。

私は「返品」ということは全く考えていなかったので、この申し出に面食らってしまったのですが、「それは仕様です」と言い切られてしまうこともある中で、こういう対応をされると

いえ、いえとんでもございません。このままで結構です。他には問題となる点もないわけですから、アイコン位置を直す手間はありますが、私はこのまま使い続けます。

という気持ちにもなります。その後、(これかな?)と予想をして確認してみたところ、見事に「原因」となる常駐ソフトが分かりましたので、本当に無問題になりました。(私の環境ではPathFinderでした)

いや、本当に気持ちの良い対応でした。対応も速かったですし、感じもよくて、単純な私は、この件でいっぺんにこのメーカーのファンになりました。
 
2006年12月6日水曜日

弁解の余地なし

教諭を「狂諭」と書かれても仕方がない事件が起きていますが、どうにも納得がいかない部分は次の部分です
羽村市教委によると、教諭は6月14日、著作権法違反容疑で愛知県警の家宅捜索を受け、自宅からパソコンやハードディスクなどが押収された。翌15日、教諭が学校に報告し、市教委は校長に事情を聴くよう指示。教諭は容疑を認めた上で「転載」について説明した。

 市教委は「処分するほどではない」と判断。同県警から任意聴取を受けた後の9月5日に再び事情を聴いた際も、教諭からHPの内容などを詳しく聴かず、そのまま5年生の担任を続けさせた。 (asahi.comから引用)

上の記事の色を付けた部分(私が付けました)から判断すると、その教諭の自己申告だけで事が処理されています。おそらく、その教諭は、説明をするときに自分のサイトがどのようなものか、都合が悪いことには一切触れなかったということなのでしょうが、それにしても、教委や学校長の判断の甘さは責任を問われても仕方がないレベルだと思います。弁解の余地はないでしょう、(-_-)

その男が担任していたクラスの子どもたちの心の傷を考えると、やりきれない思いでいっぱいになります。

こうしてまた学校の信頼はさらに失われていくわけです。
 
2006年12月5日火曜日

中途半端なシャカイセイ

最近注目しているシンガーソングライターに秋山羊子という人がいるのですが、彼女のWebサイトに「語録」と称して過去の自分の文章を振り返るというエントリーがありました。

そこで見つけたのがこの文章。
捨ててしまえ
そんな中途半端なシャカイセイ
ミレンガマシイゾ
見た瞬間に思わずドキリでした、(^_^;)

まるで自分に向かって言われているようでした。

全く中途半端なシャカイセイです、私の場合も、(^_^;)

でも、「捨ててしまえ」と言い切ることはできません。「捨てる」一歩手前までは行っているんですけど…。
 
2006年12月4日月曜日

video iPod

寄せては返す物欲の波…。

以前から気になってはいるものの決定的な動機がないために見送りになっている私の潜在的な物欲No.1であるvideo iPod ですが、先日、LiFE* with PhotoCinema2+を購入したことにより「video iPodは使える!必要だ!」という動機付けが明確なものとなりました、(^_^;)

Apple iPod 30GB ブラック MA446J/A
Apple iPod 30GB ブラック MA446J/A
アップルコンピュータ 2006-09-13
売り上げランキング : 115

おすすめ平均 star
starついに購入
star3G以来購入したが、思った以上にいい。
starいろんな情報を常に持ち歩きたい方に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フォトシネマの作品を持ち歩いて人に見せるのにvideo iPodは最適です。欲しい! 今すぐにでも手に入れたい!です。

でも、来春ぐらいに新型が出る可能性が濃厚なんですよね、(^_^;)

今、踏みとどまっている理由はその1点のみ。迷う、迷う…

■こういう時期が一番シアワセだったりします。

 
2006年12月3日日曜日

なぜ教員は忙しいのか

nikkeiBPに藤原和博校長が「なぜ教員は忙しいのか 削られる生徒と向き合う時間」という文章を書いています。民間出身の校長として感じたことを率直に書いていて、私は、全く同感でした。

全4回の予定だそうで、11月30日の分はその第1回です。外から入った人がこう見ているという点で説得力があると思いました。

なぜ教員は忙しいのか 11月30日

……今日の学校がとかく批判されがちなのは、学校自身の内部要因よりむしろ、外部要因である「家庭」と「地域社会」とが変質していく中で、その波をまともにかぶったという意味合いが強いのだ。

……結局「学校」が、最後の砦(とりで)になった。“3人”で分担していた子育ての仕事を、“1人”でやらなければならなくなったのだ。

……小中学生の保護者の大半も十分に社会化されずに大人になった。「自分の気持ち至上主義」で生きてきた世代だという指摘もある。だから「自分の子だけはよく面倒を見てほしい」という学校に対する期待が限りなく高くなる。教員を始めからなめてかかるクレーマーも増えてきた。

……しかし、日本の教育行政は、レッテル付きの「追加教育」をたいした予算もつけず、教員を増やすこともなく現場に下ろし続けてきた。
現場にいるものの一人として、藤原校長のこれらの指摘は「その通りだ」という気がします。

教育再生会議のメンバーとして陰山校長ではなく藤原校長がいてほしいと思うのは、私だけではないような気がするのですが、どうでしょうか。
 
2006年12月2日土曜日

PhotoBookは来週中の模様

この週末に届くのではないかと思っていたPhotoBookですが、一向に届かないので、検索してみました。その結果、状況が分かりました。

やはり、「PhotoBookは海外印刷→海外発送」ということなので、ステータスが「発送済み」となっても、その後1週間程度は必要 なようです。
発注から12日かかった
というような記事も見つかりました。ということで、到着は来週に持ち越しのようです。残念ですが、仕方ありません。
 

Googleパーソナライズドホームページ

Googleパーソナライズドホームページを利用している方はご存知だと思いますが、1ヶ月ほど前からでしょうか、タブが使えるようになっています。



Googleパーソナライズドホームページには様々なコンテンツを貼り付けることができるので、カスタマイズのしがいがありますが、(^_^;)、調子にのってたくさん貼り付けていると、とても視認性の悪いページができあがってしまいます。

そんなときに、タブで切り替えられる複数の画面を持つことができるのはとても便利です。私は、タブ利用ができることを知ってから「仕事」というタブを新しく作り、仕事関係のものをそこに追いやりました、(^_^;)




見て分かるように、色も変わりますので、一目で違う領域だということが分かります。

「仕事」の最初にはRemember The Milkを使ってタスク管理をしています。この下には

「通知表完成まであと11日」

みたいなカウントダウン表示をさせています。

とても便利なのですが、「仕事」タブを開くと、少し胸が苦しくなるのが欠点です、(^_^;)

Googleパーソナライズホームページの使い方はこのサイトが詳しいです。

「Googleホームページ」の使い方!

◆PhotoBookはまだ到着しません。「発送済み」というのは印刷処理した外国から発送済みということなのでしょうか、(^_^;)? 国内発送なら、昨日届いてもよさそうなものですが…。
 
2006年12月1日金曜日

教育再生会議第1分科会の提案

教育再生会議第1分科会の提案
教員の評価については「校長や教委だけの目で行う現状を改め、保護者、学校評議員、児童・生徒などが参画した第三者評価を実施する」と明記。学校教育法を改正し、副校長や主幹という職を設けることで給与面などでメリハリをつけるとしている。教員免許に10年の有効期限を設け、30時間の講習を修了す れば更新できるとした今年7月の中央教育審議会の答申は不十分との認識を示し、「不適格教員を排除するためあらゆる制度を活用する」と強調。企業人などの 社会人の大量登用も提言している。

 一方、教委の見直しについては、教育委員に保護者の代表を任命することを地方教育行政法に明記することや、教育長は教員経験者に偏らないようにすることなどを視野に入れる。教委や学校を評価する第三者機関の検討も求めている。


  • 保護者、学校評議員、児童・生徒などが参画した第三者評価
  • 副校長や主幹という職を設けることで給与面などでメリハリ
  • 企業人などの 社会人の大量登用も提言
  • 教育委員に保護者の代表を任命する


ふーん、(-_-) へぇー、(-_-) というのが正直な感想です。

教育再生会議のメンバーは現場を知っているのでしょうか?これ以上現場をぐちゃぐちゃにするのはやめてほしいです。

この提言を読んで大幅にモチベーションは下がりました。宝くじを買うことを真剣に考えようと思います。

ところで、それなら「保護者を評価する第三者機関」っていうのは検討されないのでしょうか?ワタクシ的には強く希望します。
 

このブログを検索

注目の投稿

【お知らせ】「ミルメークを究める」引越し完了!ぜひご覧ください!

「 8月10日 までに完了します」と宣言した以上、きっちりとやり遂げるのがオトコですから、今朝も通常のエントリー更新もせずサイトの引越し作業に追われていました。 それで、なんとか完成したのがこちらです。 ミルメークを究める Classic これを機に トップページ ...

ピックアップ

お気に入りの商品

XtremeMac 軽量スポーツアームバンド :ランニングだけでなく自転車に乗るときにもこれがあると重宝します!

B009A4AQJC

キャットアイ(CAT EYE) VELO WIRELESS+ サイクルコンピュータ CC-VT210W:コスパ最高のサイコンがこれ

B003DVVCAU

(キャノンデール)Cannondale 1G402 クラシック グローブ

B0047CPROQ

[正規品]【BM WORKS】 SLIM3 《自転車用 スマートフォン ホルダー》 マルチケース

B00962353C

MINOURA(ミノウラ) アクセサリーホルダー [SGS-300S] φ22-29mm対応 バー幅100mm シルバー:上のマルチケースをBromptonに取り付けるにはこれが必要です

B003AI5YPK

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ JOLL J

B003PDN5RY

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載 最強の充電器

B00IDTILEW

フィリップス 【トラベルにも最適(乾電池式)】ポータブルシェーバー PQ208

B00EPT5ZNE

テーブルタップボックス L ブラック 4832BK:コンセントまわりの整理整頓

B005ZZ9P74

Highend berry 【 iPhone 5 / 5s 】 牛本革 手帳 型 鏡 付き アイフォン レザー ケース スノーホワイト:妻愛用のケース。このケースは本当におすすめ。4色展開。

B00D1L05HS

TIMBUK2 シャグバッグ M:これに入れればiPhone5sがどんなベルトにも装着可能に!役に立ちます!

B00BTQ48XO

CANSAY NUboard A4判:工夫次第で様々な使い道が!

B00A08IVT4

EUPA ミニグリル(家庭用) TSK-2131P

B00064LH66

Eye-Fi Mobi 8GB:デジカメとスマホの連携に

B00D41F9TO

Appを検索

ページビュー

Twitterから

こちらもどうぞ

ラベル

おすすめ (842) 気になる (664) iPhone (659) つぶやき (618) 物欲 (530) Mac (273) photo (266) web (253) iPad (217) BROMPTON (196) (108) iPod touch (103) Amazon (100) ものすごく気になる (100) App Store (89) ちょっと気になる (88) 食べる (88) ためいき (87) 旅行 (85) iPad2 (77) iPhone4S (64) 散歩 (62) じいちゃん (53) 自転車 (52) 健康 (51) iPhone5 (50) iOS (43) iPad mini (41) 観光 (33) movie (30) お知らせ (29) Pebble (26) Twitter (26) ブラーバ (26) 知らなかった (25) Mac App Store (24) TOLOT (24) 懐かしい (24) AUKEY (23) iPhone6s (22) ANKER (21) iPhone 5s (21) Hulu (19) ハスラー (19) 文具 (19) 覚え書き (19) iOS5 (18) iPhone5s (18) ルンバ (18) GR DIGITAL3 (17) iPod nano (17) ノットほどき (17) Kindle (16) Withings (16) トラブル (16) 中国 (16) iOS6 (15) 写真 (14) 退職生活 (14) ちょっとだけ気になる (13) マンホール (13) 昭和 (13) 読書 (13) 買い物 (13) 音楽 (13) iLife'09 (12) vivofit2 (12) Apple TV (11) Fitbit (11) YouTube (11) イタリア (11) 主夫力 (11) 子ども (11) LiFE* with PhotoCinema (10) Nikon 1 J2 (10) みまもりケータイ (10) Android (9) Netflix (9) OSX (9) オーストラリア (9) ブラーバジェット (9) 料理 (9) (9) Apple (8) Fit3 (8) Google (8) HDR (8) Kindle Paperwhite (8) iMac (8) トルコ (8) 育児 (8) GR DIGITAL (7) GR DIGITAL 3 (7) Huawei Mate 9 (7) ScanSnap (7) Windows (7) タイムセール (7) ポタリング (7) 悩み (7) 植物、 (7) Aperture (6) Bluetooth (6) Book (6) DIY (6) MobileMe (6) iOS7 (6) マイブーム (6) 北京 (6) 銭湯 (6) Apple Store (5) DBPowerEX5000 (5) Kaossilator (5) iPhone4 (5) iTunes Store (5) スペイン (5) セール (5) レビュー (5) 上海 (5) 何も知らない (5) 台湾 (5) 微速度撮影 (5) 無料 (5) 韓国 (5) Apple Wireless Keyboard (4) blogger (4) iLife'11 (4) iPhone 5c (4) セミリタイア (4) ノット外し (4) ミニアンケート (4) 植物 (4) 消しゴム版画 (4) Evernote (3) Final Cut Express 4 (3) iBooks (3) iOS 7 (3) iPad、WiMAX (3) アンペルマン (3) スイス (3) フランス (3) リフォーム (3) 修理 (3) 注目 (3) Apple Watch (2) AppleTV(第4世代) (2) DIME (2) Eye-Fi Mobi (2) Livlis (2) MG6230 (2) Podcast (2) Q7 (2) TextExpander (2) WiMAX (2) iOS5.1 (2) iTunes (2) サイン (2) ドイツ (2) フリーフォント (2) プライム (2) ミルメーク (2) モノフェローズ (2) 中欧旅行 (2) 切り絵 (2) 思い出話 (2) 路面電車 (2) iPad2  つぶやき (1) Dropbox (1) Firefox (1) Flickr (1) GarageBand (1) Google Maps (1) LINE (1) Minbox (1) Omoidri (1) Pogoplug (1) SZ-10 (1) SnapLite (1) Spotify (1) TAMRON SP AF60MM Di2 MACRO (1) Tumblr (1) Wiggle (1) egword universal2 (1) iBook (1) iCloud (1) iMovie (1) iOS8 (1) iPod (1) オランダ、ベルギー (1) オーストリア (1) キオク (1) ジャパンカップ (1) パノラマ (1) 歌う (1) 複合機 (1) 輪行 (1)

Blog Archive