2007年10月31日水曜日

中学校に押しかけ教師らを足蹴り

「痛いニュース」経由で知ったのですが、とうとうこんな人が出現したようです。


(この画像は、ニュースソースの高知放送のwebサイトをキャプチャしたものです。)

 「遅刻がちの子どもを担任が迎えに来ず、腹が立った」と話している

そうです。このニュースは、当然「学校に押しかけて教諭らを足蹴りにしたという」部分に注目されるのですが、「教諭らを足蹴りにした」という部分は言語道断ですから、即通報で構わないと私は思います。

しかし、「痛いニュース」への書き込みを読んでいると、中には

 迎えに行かない担任が悪いだろう

というものもあります。私は、ちょっとここに注目してみます。

この事件は「中学校」で起きています。ここからは、私の推測なので事実と違うかもしれませんが、おそらくこの生徒は小学校の時から「遅刻気味」で、その時の担任が頻繁に迎えに来ていたのではないでしょうか。担任が代わっても、そのことは変わらず、やはり時々は担任が自宅まで様子を見に来ていたのでしょう。

事実、私の近辺でもそういうことは時々行われていて、そういう指導で子どもの状態が良くなることもあります。

しかし、私は、そのような指導というのはあくまでも「一時的なもの」だと思うのです。それをしなければその子の「登校」が成立しないようでは困ります。

なぜならば、私は、その子一人の担任ではないからで、迎えに行くことが「日常的」になってしまっては、自分の力の何パーセントかは常にそのことに使わなければならなくなってしまうからです。私たち教師は、子どもを大切にしたいと思いますし、そう努力もしますが、同時に、学級や学年全体を見通しての指導も必要なので、このようなことが日常的になってしまっては困るわけです。(そういう言い方には反発も予想されますが、そういうことを正面切って言う教員は数少ないのであえて書いておきます。)

あるときは全体を見なければならないし、あるときは個を見なければなりません。こういうバランス感覚が大切です。ですから、緊急時に自宅訪問をすることについては異論はありませんが、繰り返し書きますが、それは「緊急時」であったり「一時的」なものであるべきだと思います。

厳しいことを書けば、「学校に出す」ところまでは親の責任でしょう。

「迎えに来ない担任に腹を立てて学校に乗り込む」という気持ちの中には「迎えに来るのが当然」という意識がありまが、それは違うと思います。
2007年10月30日火曜日

iTunes Wi-Fi Music Storeから曲を購入

ようやくという感じですが、iPod touchを使ってiTunes Wi-Fi Music Storeから曲を購入してみました。

iPod touchは、まだ外に持ち出して使うことがないのですが、その理由の一つが、私の環境では自宅以外にほとんどWi-Fiの環境がないことが上げられます。iPod touchは、Wi-Fi環境があってこそ、その魅力が発揮できるのではないかと思っています。

さて、そのWi-Fi環境下で私がもっぱら行っていることは、YouTubeの視聴とiTunes Wi-Fi Music Storeでの試聴です。同じ「しちょう」でも、字が違います、(^_^;) ともに無料で楽しめるわけですが、この2つが楽しめることで、16GBのメモリーサイズも気になりません。

iTunes Wi-Fi Music Storeの出来は、本当にすばらしく、通常のiTunesより操作はきびきびしています。何と言ってもフトンの中で操作できる点が最高ではないかと思います、(^_^;)。当然のことながら試聴だけではなく購入することもできます。

ということで、iPod touchで初めて曲を購入してみました。購入したのは、森山直太朗の「未来ー風の強い午後に生まれたソネット(ライブ)」です。購入するのは、本当に簡単です。簡単過ぎてホイホイ買ってしまわないかと心配なくらいです。


購入した曲は、次回iTunesと同期すると


という感じでライブラリの中に入ります。東京などでは、外でのWi-Fi環境が充実していますので、外に持ち出したiPod touch上で簡単に曲を購入することができるわけですね。

さて、購入してみた森山直太朗の曲は素晴らしかったです。ライブ音源なのですが音程のブレもなく、彼が本当に歌がうまいということを再認識しました。

iPod touchを画像viewerとして購入した私ですが、(あたり前ですけど)それだけではないことが分かりました。
 
 
2007年10月29日月曜日

修理断念

一昨日壊れてしまったCanonのプリンタ複合機PIXUS MP700ですが、昨日、メーカーサポートに電話して話を聞いたところ、「メーカー修理」ということになりました。

当然、古い機種ですから保証期間は過ぎています。修理は「有償」となります。有償の内容を聞いてみました。
費用:¥9,450(一律料金)+¥1,575(宅配代)
期間:引取り日より3日から5日

※ご指定日時にキヤノン指定業者(ヤマト運輸)がお引取りに伺います。修理完了後、お客さま宅ヘお届けいたします。
ということでした。約11,000円の出費です。これならプリンタ単体を買うことも可能です。Mac専用にMP500がありますので、それを使えばいいのでしょうが、MacにつないでいるプリンタをWindowsで共有するのはなんだか面倒な感じです。USBケーブルをその都度つなぎかえれば簡単ではありますが、面倒です、(^_^;)

結局、妻と相談の結果、修理は断念し2mのUSBケーブルを買うことにしました。これなら約700円の出費ですみます。面倒ではありますが、現在付いている1mのケーブルよりは取り回しが楽ということで、このような結論になりました。

壊れたものを修理して使うということが難しい時代になりました。
 
2007年10月28日日曜日

これぐらい笑ってみたい、(^_^;)

昨日は、夕方、古い方のプリンタ複合機MP700が壊れ、悲しい思いをしました。これはすでに5年ほど使っていますので、今までノートラブルだったのが不思議なほどですが、ヘッドが右端に行ったままギギギギと嫌な音を立てて止まってしまいますので、メーカー送りになることでしょう。修理代金はおそらく10,000円を超すと思われますので、修理する価値があるのか迷うところです。

さて、そんな悲しみの絶頂で寝る前に、フトンの中でiPod touchを使ってYouTubeを見ていたら、こんなものを見つけました。閲覧数から推測すると、相当有名な動画なようなのでご存知の方も多いかもしれませんが、一応貼り付けておきますね。



このぐらい笑い転げてみたいです。大人になってからこれほどまでに笑ったことはないでしょう。この赤ちゃん、何がそんなにおかしかったのでしょうね。かわいい子です。
 
2007年10月27日土曜日

サラマンカホール

岐阜県庁の近くにあるサラマンカホールに行ってきました。

正直に書くと、ほとんど興味がなかった中国の民族楽器二胡のコンサートです。

なぜ、そんなものに行くことになったのかというと、このコンサートに出ていた人と長女とが少し関係があり、つまり、長女からの紹介で出かけたわけです。

(ま、そういうものも聴いておくかな)

というノリで出かけたわけなのですが、コンサートが終了したときには、その切ない音色の虜になっていました。

バイオリン、チェロとの共演はすばらしく、また、日本の鼓との相性も抜群でした。こんな機会を作ってくれた長女に感謝です。

さて、このコンサートが行われたサラマンカホールは、以前一度だけ行ったことがあるのですが、すばらしいホールです。webサイトの紹介によると
ヨーロッパの雰囲気を漂わせた、収容人数708人の本格的な中規模音楽ホールです。
形状はシューボックス型でホール内のどこに居ても音響バランスが良く、全国トップクラスの音響特性を備えています。ルネッサンス調のデザインを施した内装 は木材を多用し、暖かみの有る重厚感を演出しています。正面には日本初のスペイン様式のパイプオルガンを設置。
『サラマンカ』の愛称は全国公募した結果、最も多かったものです。スペイン語で『町のほとりに川の有るところ・浅瀬を見渡す町』と言う意味があり、長良川のほとりに有るこのホールにとてもマッチした名前です。
ということで、おそらくだれもが中に足を踏み入れた途端にこのホールのファンになると思わせるような造りです。それで、ひょっとしたら岐阜の学生はこんなにすばらしいホールで合唱コンクールなんかやることがあるのだろうか、と思い検索してみましたら、ありました、(◎_◎)

岐阜市立精華中学校 全校合唱交流会

このページの3枚の写真は、それぞれ学年合唱の様子ですが、このステージに上がることができる精華中学校の生徒はうらやまし過ぎです。
 
2007年10月26日金曜日

今、妻のブログが面白い

一時、私の家族は4人ともブログをやっていました。現在は、娘たちは、それぞれに忙しい為に、ほぼ休止状態ですが、そんな中ただ一人爆走状態なのが妻です、(^_^;)

妻に「ブログやってみたら?毎日の生活に違う視点が持てるかもよ」と誘ってみたのが1年前です。その後「毎日続ける」のを目標にやっているうちに、彼女のスキルもレベルアップし、最近では、ほとんどのことを自分でやれるようになってきました。

彼女のブログは、gooなどのブログに比べると目に付きにくいbloggerを使っていることや、特に広報活動をしていないこともあり、1日あたり10人ほどの訪問者しかありませんが、実はけっこう面白いです。ひょっとしたら、私が熱烈な読者の一人かもしれません。

話題が日によってダブることもあるし、使っている画像そのものが同じということもありますので、(^_^;)、妻のブログのURLをここに書くことは控えますが、ぼやきが多い私のブログより断然面白いと思います。

負けないようにがんばらねば…、と思う今日このごろです。
 
2007年10月25日木曜日

生徒とつながっているという一体感の喪失


野中さんのブログの記事を読んで、全く同感だと思いました。

それで、そこで紹介されていた本を早速注文しました。「オレ様化する若者たち」の著者でもある諏訪哲二氏の最新の著書です。

まだ、本を読んでいないので、詳しくは書けませんが、実は、先日、精神的に大きなダメージを受けたのは、まさに

生徒(児童)とつながっているという一体感

を失ったという気がした出来事があったからでした。その時、正直に書けば、定年を前にして教職を去って行った野中さんの友人の様に

「もうばかばかしくなった」

と私は思いました。その後、何とか私は気持ち的に復活しつつありますが、(いつか自分がこの仕事を辞めるときがくるかもしれない…)と漠然と不安に思っていた根源には、この「生徒とつながっているという一体感の喪失」があるのだと私は直感的に思いました。

この「一体感」がここ数年揺らいでいます。そして、それはきっと教員の多くが感じ取っていることだと思います。
 
2007年10月24日水曜日

訃報に涙

Woodenshipsのharurinさんが亡くなったということを今朝知りました。

Woodenshipsというサイトは、私がiBookを購入して以来、特に昨年MacOSXに完全にスイッチして以来毎日欠かさず読ませていただいていたサイトです。

お住まいが、何度が行ったことがあり、私が好きな場所の一つでもある郡上八幡ということもあり、勝手に親しく、まるで知人のように思っていたのですが、10月1日を最後にずっと更新がなかったので、(再び入院されたのかな)と心配していました。

それが、こういう結果になるとは…。

事情は全く知りませんでした。

訃報を知り、事情、経過を知って、涙が出てきました。49歳だそうです。若過ぎるではありませんか。

ご家族の無念さを思うと言葉がありません。

harurinさん、今まで本当にありがとうございました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 
 
2007年10月23日火曜日

意欲大幅に減退

昨日は、1日中おとなしくしていました。

母の具合は、午前中には落ち着いたようで、私の出番はありませんでした。

午後からは、再び眠りました。夜もまた眠りました。土曜日の夜は寝つくことがなかなかできなかったのに、日曜、月曜と寝てばっかりでした。

今朝は、社会復帰しようと思って5時に起きましたが、まだ寝たりない感じがします。

というか、意欲が大幅に減退しました。現実から逃げ出したいという気持ちも自分の中にチラホラ見えます。

これ、自分の状態としてはちょっとマズイのではないでしょうか? いや、マズイでしょう…
 
2007年10月22日月曜日

休みました

昨日は、午前中に2時間ぐらい、午後に2時間ぐらい寝てましたが、夜は夜で、9時から今朝6時までぐっすり寝ました。

しかし、(何かヘン)という感じがぬぐいきれず、結局、今日は休むことにしました。この(何かヘン)という感じは、私ぐらいの年齢になると気をつけておかなければならないポイントの一つと言えるでしょう。

休むことを決めた後、実家の父から電話が入りました。母の様子が少し良くないので、デイサービスを休ませるということです。

何事もなければよいのですが、まず、主治医の判断を仰ぐように伝えておきました。

痛かった胃が再びキリキリと痛み出しました。
 
2007年10月21日日曜日

本日完全休養日決定

木曜の遠足から帰ってきてから(ちょっとおかしいなあ…)と感じてはいたのですが、昨日夕方から本当におかしな感じになってきました。

のどの違和感とけん怠感+微熱が症状で、最も強いのがけん怠感です。

今日は、迫りつつある学習発表会の計画をぐいっと進めるつもりだったのですが、この感じでは無理なようです。

この後、とりあえずテストを1本作ったら、もう一度寝る事にします。

ひょっとしたら寝ている場合ではないのかもしれませんが、ここは割り切った方がいいでしょう。
 
無理がきかない年齢ですから。
 
2007年10月20日土曜日

母のクラス会

今週の火曜日は母のクラス会でした。2年前にクラス会の前に大病を患った母は、手術の直後も「クラス会に出られるかなあ」と言っていたほどで、このクラス会を毎年楽しみにしていました。

昨年のクラス会は、友達と会えるほど回復していませんでしたので残念ながら欠席しました。

今年のクラス会は、「望むのなら会場まで連れて行くよ」と話していたのですが、友達の配慮で、翌日に自宅まで母を訪ねてくれる事になりました。

そして、水曜日、久々の友達との対面でした。みなさん(6人)が訪問してくださったのは、2時少し過ぎだったのですが、私は、皆さんへのあいさつも兼ねて、様子を写真に記録するために時間休を取り、実家に行きました。

涙、涙の再会でした。

私は、結果的に1時間自習にしたことで学級の子供たちに迷惑をかけてしまうことになりましたが、この瞬間に立ち会えた事がとてもよかったと思いました。

今日は、土曜日で、父の応援のために実家に行く日です。

これからすぐに撮影した写真数枚を2Lサイズ1枚に編集し、来てくださった6人のみなさんに送る準備をします。今日のお土産です。母や父がきっと喜んでくれるだろうと思います。
 
2007年10月19日金曜日

極めて大きな変化

私にとっては(そしてiPod touchユーザーにとっては)、驚愕のビッグニュースです。
米Appleは、iPhoneとiPod touchに対応したアプリケーション開発環境(SDK:Software Development Kit)を2008年2月に提供予定であることを明らかにした。

 同社は17日(現地時間)、WebサイトにCEOのスティーブ・ジョブズ氏のコメントを掲載。その中で同氏は、「サードパーティ製アプリケーションの登場を望んでいる」という考えを明らかにし、2008年2月にもSDKを提供予定であるとした。同氏は、「サードパーティのコミュニティが形成されることで、ユーザーに何百ものアプリケーションが提供できることに興奮している」とし、サードパーティ製アプリケーションの登場を歓迎する方針を明らかにした。
(ケータイwatchから引用)

これで、現在すき間だらけのiPod touchのトップ画面にアイコンを並べることができるようになりました。大歓迎です。

(どんなアプリを入れようかなあ)

と悩む楽しみが来年に待っていると思うと、うれしさがこみ上げてきます。

(やっぱりなあ。そういうことになるだろうと思っていたよ)

昨日から何度も独り言をつぶやいている私です。
 
2007年10月18日木曜日

秋深まる


半袖にハーフパンツでは一日過ごせないような気候になってきました。

日没前の空の美しさは特筆モノで、(いいなあ。この時期の夕焼けは本当にすばらしいなあ)と毎回思うような美しさです。

私は、自分が9月生まれであるということも関係しているかもしれませんが、季節の中では秋が一番好きです。

そんな私が、最近(秋も深まってきたのだなあ)と再認識した出来事がありました。

それは、トイレで便座に座ったときでした、(^_^;)

わが家のトイレは暖房便座なのですが、夏の間は便座のスイッチは「切」にしてありました。それが気持ちよかったのですが、先日、座ったときに便座がヒヤッとして、それはまだ跳び上がるほどびっくりするような冷たさではなかったのですが、(そのうち、このままでは心臓に悪いような季節がやって来るのだなあ…)と私はしみじみと思ったのでありました。

秋も深まってきました。静かに生活するにはいい季節です。
 
2007年10月17日水曜日

DVDの変換は Instant Handbrakeが簡単

iPod touchの動画ライブラリを充実させるために、動画ファイルの変換を試みているのですが、正直、どんなソフトがいいのかよく分かりません。(試してみたのは、iTunes、iSquint、Handbrakeなどです)

TV番組を録画した50分の音楽番組のDVDがあるのですが、一昨日、それをm4vに変換しようとしたら「予想時間2400分」と出たので2時間ほど作業させた段階でやめました。こんなに時間がかかるものなのでしょうか。(私の環境はiMac G5)

そこで、設定も簡単で、お気軽にできるものはないかと探してみたところ、 Instant Handbrakeというソフトがある事を知りました。

これは、設定画面がこんなに簡単で、何も考えなくても「Convert」ボタンをクリックするだけでOKです。先ほど書いた音楽番組のDVDは、3時間弱で変換作業が終了しました。完成するファイルはmp4という拡張子なのですが、これは、そのままiTunesに読み込ませる事でiPod touchに転送する事は可能でした。

Instant Handbrakeでは画像サイズが320×240なので、iPod touchではどうかな?と思いましたが、再生してみたところ、(まあ、これなら問題ないんじゃないのかな)という感じでした。

ということで、お気軽に変換するのならInstant Handbrakeが良いようです。

でも、動画初心者の私には、今のところ、次のような疑問が残ったままです。

・iPod touch用の動画サイズは320×240より640×480の方がいいのか(というか320×240でいいのか)
・mp4でもm4vでもいいのか
・m4vにお手軽に変換する方法は?
・変換時間の目安は?2400分などという時間は驚くような時間ではないのか?

動画変換に詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけると幸せです。
 
2007年10月16日火曜日

iPod touchでしんみり

私がiPod touchでやりたかったことの一つがLife with photocinema2で作った作品を観るということです。

娘の結婚披露宴の時に使った「父から娘へ」と「父から息子へ」という2本をiPod用に変換してみました。iPodで観られるようにm4v形式にするにはそれなりの時間が必要なようです。

touchの画面で観る2本の作品は、自分で作ったことも忘れてしまうぐらい感動的で、(^.^)、思わずしんみりしてしまいました。

今までは、これを観るためには、Macを起動するか、DVDプレーヤーを起動するしかなかったのですが、これでいつでも、どこでもしんみりすることができます。

さて、その娘ですが、今新婚旅行中です。式を挙げたのは4月末でしたが、旅行は半年大切にとってありました。今ごろ、何をやっているんでしょうねえ…。帰ってくるのは今週末なのですが、トラブル無しで元気よく帰ってきてほしいものです。いつになっても親は子のことが心配なんですね。
 
 
2007年10月15日月曜日

iPod touchで音楽聴きまくり【Wi-fi】

iPod touchは、その名の通りiPodですから音楽を聴く事ができます。

しかし、Wi-fiが使える環境であれば、Web上の音楽ファイルを自由に検索して1曲丸ごと聴く事ができるということを知りました。

 ネタ元 http://i.b5note.com/
     
     トップページからSeeqpod Musicをクリック

Pandoraのように連続で再生してくれるようなことはありませんが、それでも「1曲丸ごと」聴く事ができるのは魅力です。

(Wi-fiを使う事はあまりないだろう…)

と予想していましたが、実際に、自宅で簡単に接続が確認できると、使う事がどんどん出てきそうです。

iPod touchのケースがまだ届かないので、iPod touchを外に持ち出す事はしばらく無いと思いますが、こういう事が可能なら、旅のお伴にiPod touchを持っていく事があたり前になりそうです。
 
2007年10月14日日曜日

iPod touch到着


iPod touch到着
Originally uploaded by Y2C.

Amazonから始まって、AppleStore、そしてP-tano(パーソナルたのめーる)と待つ事1ヶ月以上でしたが、結局、P-tanoで在庫がある事を確認してからはあっという間にiPod touchが手元に届きました。本当に(今までの生活は何だったのだろう…)と思うようなあっけなさでした。

さて、慎重にパッケージを開け、iMacにつなぎます。Macを使ってのアクティベートには問題がないはずですが、やはり緊張する一瞬です。

無事終了し、同期開始です。これには時間がかかると聞いていたので、手動でフォルダを選んで、まずは少しだけ同期していきました。

iPod touch用にiTunesに「iPod touch」(これは音楽用)「iPod touch video」という2つのフォルダを作りました。

同期して確認してみます。同時にiPod touchの初期不良を確認していきます。…問題ありません。再生されます。iPod touchを縦にしたり横にしたりして画面が動くかも確認します。美しい液晶です。

次に、Wi-fi接続のチェックです。

Safariを起動すると、すぐに無線LANのアクセスポイントを探し出しました。AirMacExpressをコンセントに差し込み、少し待つと、iPod touchの画面に表示されましたので、パスワードを入れて「DONE」にタッチすると、無事、Webにつがりました。問題ありません。Safariでのブラウジングもなかなか快適です。小さいが画面ですが、簡単に拡大できますし、拡大しても字はきれいなままなので全く問題はありません。

その後YouTubeも見てみました。うわさ通りMacで見るよりきれいに見えます。

iTunesStoreも試してみました。これも使えます。

ということで、到着後の確認をいろいろしてみましたが、現在のところトラブルは無しでした、(^0^)

1ヶ月も予習をしてきたので、機能についてはだいたい思った通りでしたが、一言で感想を述べるとしたら「すばらしい」としか言いようがありません。iPodという名前がついてはいますが、iPod touchという新しいジャンルが誕生したと言える気さえしました。使用感はまた、少しずつレポートしていきます。

いい買い物をしたという充実感に浸っています、(^_^)
 

2007年10月13日土曜日

靴をはくのはどっちから?

まとめ報告が遅くなってしまいました。申し訳ありません。ここしばらく、いろいろな問題に悩まされてぎりぎりの生活でした。

投票ありがとうございました。結果は次の通り、「右から」が「左から」の約2倍となりました。


「そんなことを気にした事がない」が2票入りました。私としては、そういう人がうらやましいです。きっとそういう人は、車のドアの施錠が気になってがちゃがちゃやることもなく穏やかな生活を送っていらっしゃるのでしょう。いいな、そういう生き方。つまらない事まで気になってしまう私としてはうらやましい限りです。

さて、私も、「右から」に投票したのですが、その後改めて気にしてみると、実は「左から」はいていました、(^_^;) 「右から」と思い込んでいたのは、靴ひもを右から結んでいたためです。つまり、私は

 左足→右足と足を靴に突っ込んでから、右から靴ひもを結んでいた

ということになります。当然、普段の一連のこの行動はほとんど無意識のうちに行われていますので、最後の「ひもを結ぶ」という部分だけが記憶に残っていたということでしょう。

ということで、自分が「こうだ!」と思い込んでいることに思い違いがあるということは他にもあるかもしれません。いい教訓になりました。
 

インクタンク認識不良問題その4【解決】

Canonから確認用の新しいインクタンクが送られてきました。

新しいものと交換して確認してみると、問題なく認識しました。念のため、数回、電源断、入を繰り返してみましたが、いずれも問題なく認識、さらに確認のために、今朝も電源を入れてみましたが、きちんと認識されています。

とりあえず、「認識されません」「複数取り付けられています」というのは、インクタンクの問題だったようです。

しかし、今回は、これですみましたが、今度同じような症状が出たときに、再び確認用の新しいインクタンクを送ってもらうことができるのでしょうか?ほとんど新品のインクタンクが認識不良になった場合に、さっと次のインクタンクで試してみるほど余裕はないので、もし、同じようなことになったら同様のサポートをして欲しいと思うのですが…、サポートにも当然履歴が残っていますので「2回目ですから…」と断られる可能性も無いとはいえません。

でも、2回目に遭遇してしまうという事が、考えてみればおかしい事なんですけどね。そうならないことを祈るのみです。

ちなみに、不良だったインクタンクは着払いで返送する事になっています。検証するんでしょう。
 
同様のトラブルでお悩みの方は、サポートに連絡されるのが吉だと思います。
 
2007年10月12日金曜日

iPod touchは土曜日到着予定

待ちくたびれていたiPod touchですが、いよいよ土曜日に到着する事が確実になりました。でも、AppleStoreではありません、(^_^;)

出荷予定日だった昨日、自宅に戻った6時ごろAppleStoreのステータスを確認しました。(すっかり日課になってしまっていました)

ところが、結果は「未出荷」でした。いくら「出荷予定日 10月11日から16日」であっても、最初の日には「出荷準備中」ぐらいにはなってほしいというのが消費者の気持ちです。この週末にはiPod touchに触りたい私にとってタイムリミットは12日金曜日の出荷です。あと1日猶予はあるのですが、あてにならない気がしてきました。12日に発送されなければ、土曜、日曜には発送作業が行われないAppleStoreですから、出荷は来週にずれ込むことになります。もう、待てません。疲れました。

ということで、同じく日課となっていた2chの「iPod touch未出荷のヤツ集まれ」というスレッドを読んでいたら、在庫を持っていそうな通販の会社が目に留まりました。速攻で在庫確認です。

うまくいけば翌日配達が可能でしたが、すでに6時半を回っていましたので、翌日(つまり金曜)配送は無理。しかし、土曜日には配送されそうです。Amazon→AppleStoreと1ヶ月以上待ってきた私は、最終決断を下し、この会社に決めました。発注完了。

まだかまだかと1ヶ月以上納品を待ってきたのに、結局、こんなにあっさりと決まるとは、私のこの1ヶ月は何だったのかと虚しくなります。

さあ、いよいよiPod touchとご対面の時がやってきました。気持ちが高揚してきました。
 
2007年10月11日木曜日

インクタンク認識不良問題その3

昨日、Canonのサポートに電話してみました。

過去に事例が十分あるようで、話は簡単に進み、
原因の切り分けのために確認用のインクタンクを送るので、それに付け替えて様子を見て欲しい。同時に着払い伝票も送るので、原因となったインクタンクはそれで送り返して欲しい
というwebで事前に得ていた情報通りの展開となりました。

「もし、改善が見られなかったらその後はどのような流れになりますか?」という問いに対しては
プリントヘッドかもしれないし、本体の不具合かもしれない。保証期間は過ぎているので、その場合は有償修理となる
ということでした。インクは、明日到着しますので、到着したら確認して明日にでもレポートします。

■本日、AppleStoreの出荷予定日です。今日、出荷されれば今週中にiPod touchをゲットする事になるのですが、出荷予定は「10月11日から16日」なので、予断を許しません、(^_^;) 頼む!出荷してくれ!
 
2007年10月10日水曜日

インクタンク認識不良問題続き

昨日、空になっていたインク(マゼンダ)が到着したので、それを差し替え、再度確認してみたのですが、残念ながら本当に問題となっているインク(ブラック)の認識がおかしく、問題は解決していません。

「インクタンクが複数取り付けられています」

という表示が出ます、(>_<) つまり、印刷する事ができません。(インクタンクを複数取り付けるってどうやればできるんだよ…)とこのエラーメッセージそのものにツッコミを入れても、問題は解決するわけでなく、途方にくれています。 取り合えずやってみたことは、 ・インクタンクを外す→装着する
・プリンタヘッドを外してインクタンクも外し、プリントヘッドを再装着する
・電源ケーブルを抜く

この3つです。webでの情報だと「インクタンクを新品にすれば解決する」ということなのですが、まだこのブラックタンクは8割ぐらいインクが残っているので、できればこのまま解決策を探りたいです。

今日、帰ってからメーカーサポートに電話をしてみようと思いますが、「新しいインクタンクに交換してください」と簡単に言われそうなのがコワイです、(^_^;)
 
2007年10月9日火曜日

PIXUS MP500 インクタンクが認識できません

せっかく不調から復帰しつつあったのに、昨日、調子がおかしかった複合機CanonのPIXUS MP500が本格的にダメになってしまいました。

・インクタンクが認識できません
・下記のインクタンクが複数取り付けられています

というエラーメッセージが出て、タンクの脱着を数回すると認識されるというようなことを頻繁に繰り返していたのですが、昨日、どうにもならなくなってしまいました、(+_+)

すでに丸2年経過していますので、保証期間は過ぎています。修理になると当然有償修理になります。有償修理だと、下手をすると買い替えるのを視野に入れなければならないくらいの額になるかなあ、という不安もあります。

それで、webで検索してみると、同じような症状がたくさんある事を知りました。(なんだ、みんな同じようなことで悩んでいるんじゃん)と思ったら多少気は晴れましたが、プリントアウトできないと困る事には変わりありません。

取り合えず、インクタンクのICチップの不具合の可能性が高いということなので、昨日、Amazonで新しいインクタンクを発注(せっかくたまっていたポイントが消滅)しておきました。今日、到着後、再確認をしますが、これでダメなら、次は、プリントヘッドの交換という流れになりそうです。

何だか、何をやってもうまくいかない気がして、再び、気持ちは凹んでいます。

■解決しました!以下のエントリーも参考にしてください。(10月13日)

 インクタンク認識不良問題続き
 インクタンク認識不良問題その3
 インクタンク認識不良問題その4【解決】


 
2007年10月8日月曜日

iPod touchは優れた画像ビューワー


まだ到着してもいないのにiPod touchについて書くのも何ですが、iPod touchは優れた携帯画像ビューワーだと思います。

第4世代iPodと初代iPodShuffleを持っている私ですが、実は、iPodPhotoが出たとき、そして第5.5世代iPodが出たときにそれぞれ購入意欲がぐぐぐっと高まりました。

結局、いずれの場合にも購入は見送ることになったのですが、その理由は、液晶画面のサイズ(やはり小さ過ぎると感じました)でした。

そういう意味から言えばiPod touchの登場は決定的でした。

自分が撮った写真を持ち歩きたい、LiFE* with PhotoCinema2で作った作品を持ち歩きたいと常々考えていましたので、3.5インチの液晶は文句なしです。評判も良いようですので、到着が楽しみです。

iPodとしての基本性能、Wi-Fiが使えるなど、他に楽しみな部分もありますが、とにかく、まず自分の写真と動画を入れてみたいという気持ちが実機到着前に沸点に達しようとしています。
 
2007年10月7日日曜日

絶不調から回復中

3連休直前に絶不調になってしまった私でありますが、少しずつ回復に向かっています。

回復に向かっているのは、iPod touch出荷のメールが来たからでもなく(当然まだ未出荷)、他にうれしい事があったからでもなく

絶不調である事に疲れてきた

からです。自分をうまくコントロールできたという実感はありませんが、気持ちの流れに任せていたら、自然に

もう、これぐらいにしておいた方が…

という気持ちになりました、(^_^;)

今日はAppleStore栄に突撃する事もなく、ゆったりと過ごすつもりです。残された明日月曜日は、ちょっとだけお仕事です。

■ライブカメラで銀座のAppleStoreの様子を見ていましたが、開店直前になってやっと列が少しできたぐらいのようですね。並んだ人たちはiPod touchを買えたのでしょうか?開店直後にすでに列は消えていますが、今日は入荷があったのでしょうか?
 
2007年10月6日土曜日

iPod touch 店頭販売開始

私の絶不調を加速させる出来事が昨日ありました、(^_^;)

それは、iPod touchの店頭販売がスタートしたという事です。AppleStoreを始めとして量販店でもiPod touchの販売がスタートした模様です。

昨日は、「iPod touch店頭販売開始」の速報を見た後、どんな感じで売られたのか確認するために2chのログをずっと見ていました。書き込みの量は半端ではなく、疲れ果てた体にむち打つ結果となりましたが、それでもやめられず、ゲットした人たちに嫉妬を感じながら最後まで読んでいきました。

そして、その結果、私の絶不調は更に決定的なものとなり、不機嫌な3連休の朝を迎えています。

今日AppleStoreに行けば手に入るかもしれないのですが、あいにく今日は名古屋に出る事ができません。ひょっとして出荷が前倒しになれば、来週中に手に入るかもしれませんので、おとなしく待っていればいいのですが、すでに店頭販売していると思うと「敗北感」が強いです。

AppleStoreの自分のアカウントを見ても「未出荷」の3文字が冷たく表示されています、(+_+)
 
2007年10月5日金曜日

絶不調

久々の絶不調。

何もやる気がせず、仕事にも行きたくない。本当に何もやる気なし。

今週は、疲れました。

気持ちを「予備タンク」に切り替えて出勤します。

いつもなら、金曜日になれば少々疲れていても元気が出てくるのですが、今日はぐったり感が強過ぎです。

運動会が終わったことによる、いわゆる「燃えつき症候群」というやつかもしれませんが、次にがんばらねばならないことがもう迫ってきているので、(もう…。少しゆっくりさせて)とココロとカラダが反応しているのかもしれません。
 
2007年10月4日木曜日

Pagesを見直す、これはいい!

iWorkの中でPagesだけは使い物にならないと思い込んでいましたが、昨日、ちょっとした思いつきで使ってみたところ、予想以上に使えそうなソフトだということが分かりました。けっこう驚きです。というか、自分の無知を恥じることになりました。

iWorkが出たときに、すぐに起動してみて少し試してはみたのですが、その時には、入力時のもたつき感が我慢できずに(コイツは使えないヤツ)と烙印を押してしまいました。その結果、私にとってiWorkというのはKeynoteのことであり、それはiWork'08になっても同じ事でした。

ところが、昨日、久々に使ってみたPagesは、ワープロソフトというより、ページレイアウトソフトといった方がぴったりの(ひょっとしたら、以前からそうだったのかもしれません)私好みのソフトでありました。


特に、準備されているテンプレートがなかなかいい感じです。何かテーマを選んだ後も、テーマによってはそのテーマに準じた別のページを追加していけるようになっています。(例えば、あるページは2段組み、次のページは3段組みにするというような)

こういうことは、WordやEgword Universal 2でもできますが、「簡単に追加」という感じではありません。

Pagesのテンプレートの項目は「ワードプロセッサ」と「ページレイアウト」に大別されますが、「ページレイアウト」にPagesの実力が秘められているのではないかと思いました。

いや、それにしてもPagesをこのように再発見すると、Pages+Keynote+Numbersの3本で10,000円を切るiWork'08というのは、ものすごくコストパフォーマンスが高いという事が分かります。

しばらく、Pagesを使う事が多くなりそうです。
 
2007年10月3日水曜日

発送しました(?)

今朝起きて、Mailをチェックしてみると、その中にAppleから「ご注文の商品を発送しました」というものがありました。

一瞬、(えっ?10月11日発送予定のiPod touchがもう発送?)と思いましたが、すぐにそれが先日頼んでおいたPhotoBookのことだと気付きました。

iPhotoのバージョンが上がったのに伴い、PhotoBookも少し変わりました。ハードカバーに更に折り返しがついたカバーが付きました。より市販の本の体裁に近づいたわけです。


私が発注したものは、先日、妻と長女が行ったシンガポール旅行の記録です。デジカメ2台で撮影してきたものですが、これを全てカメラ屋さんでプリントアウトすると軽く5,000円は超えます。PhotoBookにすると、送料を含めても約5,000円であり、保存も簡単だし、何よりもゴージャスになります。

PhotoBookの注文は、これで3冊目になりますが、過去2冊は十分満足できるものでした。

到着は4〜7営業日ですから、来週中には到着すると思います。とても楽しみです。到着したら新しいPhotoBookをレポートします。
 
2007年10月2日火曜日

保護者学習制度

学校の現場にいると明言できない事を他の立場の方がはっきり言ってくれるとうれしかったり、ホッとしたりするものです。いつも拝見している野中さんのblogに、小西敬二さんという方の「保護者学習制度こそ」という文章が引用されていました。孫引きになりますが、紹介させていただきます。
長期的あるいは短期的に指摘されている現下の教育問題ー例えば校内暴力、いじめ、不登校、授業不成立や学級崩壊、無知無理解な保護者の増加、そして学力低下ーの海の中で、精神疾患による休職者や退職していく同僚を抱えながら、教師と教育現場は日夜呻吟している。教師は日々拷問にかけられていると言うも過言ではない。

児童生徒と学校をめぐる諸問題の多くの根底には、保護者と家庭の問題が横たわっている。

かような教育現場を改善し教育の質を向上させるために、今最も必要なことは何か。

それは甚だしく衰弱し退廃したわが国の家庭の教育力を向上させ強化することのできる、実効ある具体的施策を全国的に実施することである。不健全な多くの家庭を放置したまま、法律いじりや制度いじりを何度しようとも事態は改善されない。

家庭教育こそはすべての教育の基礎である。基礎なしに何物も建設できない

教師、家庭、社会が三位一体となって子供たちのために進んでいかなければならない事は十分理解しています。教師という立場で保護者を批判する事は責任逃れと言われてしまいそうですが、しかし、本当に問題なのは子供たちの後ろにある「不健全な多くの家庭」だと私も思います。そして、そのことは教師の多くが「実感」として感じている事です。(子供は何とかなるけど、その向こう側がなあ…)というのは多くの教師の本音でしょう。
 
2007年10月1日月曜日

「老いる」ということ

一昨日は、私の誕生日でした。

まだ若かったころにはとても想像できなかった年齢になっている私ですが、中身は全く変わっていなくて、(50過ぎても大して変わらないなあ、体以外は…)というのが正直な気持ちです。

昨日、時々拝見している「内田樹の研究室」に「老いの手柄」という文章があり、とても共感しました。以下、引用としては長過ぎますが、「老いる」ということを見事に表現されていますので紹介させていただきます。
私は自分が老いてきて、「老いる」というのが子どものころに想像していたのとはぜんぜん違う経験だということを身に沁みて知った。

老いるというのは「精神は子どものまま身体だけが老人になる経験」のことたったのである。
『ハウルの動く城』のソフィーの気分である。

映画の中でソフィーは「まだら老女」である。

寝ているときとロマンティックな空想をしているときだけ彼女は少女に戻る。

これは人間の老いの様態をじつに見事に図像化していると思う。

作り話ではなくて、それが人間の「ふつう」なのである。

この「まだらに」少年であったり爺であったり、少女であったり婆であったりする、「存在のゆらぎ」が老人であるということの最大の特徴である。

赤ちゃんはずっと赤ちゃんのままである。

でも、老人は赤ちゃんになったり、青くさい少年少女になったり、分別くさいおじさんや世間ずれのしたおばさんになったり、死にかけのおいぼれになったり、ちょっとした状況の与件の変化でこまめに「ゆらぐ」。

老いるということは、単線的に加齢するというほど単純なことではない。

「よく老いる」というのは、「いかにも老人臭くなること」ではない。

そんな定型的な人間になってもしかたがない。

生まれたときから現在の年齢までの「すべての年齢における自分」を全部抱え込んでいて、そのすべてにはっきりとした自己同一性を感じることができるというありようのことをおそらくは「老い」と呼ぶのである。

幼児期の自分も少年期の自分も青年期の自分も壮年期の自分も、全員が生きていま自分の中で活発に息づいている。

そして、もっとも適切なタイミングで、その中の誰かが「人格交替」して、支配的人格として登場する。

そういう人格の可動域の広さこそが「老いの手柄」だと私は思うのである。

「すべての年齢における自分」を全部抱え込んでいるというのは、考えようによっては、意外に素敵な事なのではないかな、と思います。若者には絶対に真似できないことですからね。自信持って行きましょう。(→自分)

さて、今日は昨日出勤の代休です。運動会は明日に延期になっています。もちろん、水曜日は普通の授業日ですから、このパターンが一番カラダにはしんどいです、(^_^;)

このブログを検索

注目の投稿

【お知らせ】「ミルメークを究める」引越し完了!ぜひご覧ください!

「 8月10日 までに完了します」と宣言した以上、きっちりとやり遂げるのがオトコですから、今朝も通常のエントリー更新もせずサイトの引越し作業に追われていました。 それで、なんとか完成したのがこちらです。 ミルメークを究める Classic これを機に トップページ ...

ピックアップ

お気に入りの商品

XtremeMac 軽量スポーツアームバンド :ランニングだけでなく自転車に乗るときにもこれがあると重宝します!

B009A4AQJC

キャットアイ(CAT EYE) VELO WIRELESS+ サイクルコンピュータ CC-VT210W:コスパ最高のサイコンがこれ

B003DVVCAU

(キャノンデール)Cannondale 1G402 クラシック グローブ

B0047CPROQ

[正規品]【BM WORKS】 SLIM3 《自転車用 スマートフォン ホルダー》 マルチケース

B00962353C

MINOURA(ミノウラ) アクセサリーホルダー [SGS-300S] φ22-29mm対応 バー幅100mm シルバー:上のマルチケースをBromptonに取り付けるにはこれが必要です

B003AI5YPK

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ JOLL J

B003PDN5RY

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載 最強の充電器

B00IDTILEW

フィリップス 【トラベルにも最適(乾電池式)】ポータブルシェーバー PQ208

B00EPT5ZNE

テーブルタップボックス L ブラック 4832BK:コンセントまわりの整理整頓

B005ZZ9P74

Highend berry 【 iPhone 5 / 5s 】 牛本革 手帳 型 鏡 付き アイフォン レザー ケース スノーホワイト:妻愛用のケース。このケースは本当におすすめ。4色展開。

B00D1L05HS

TIMBUK2 シャグバッグ M:これに入れればiPhone5sがどんなベルトにも装着可能に!役に立ちます!

B00BTQ48XO

CANSAY NUboard A4判:工夫次第で様々な使い道が!

B00A08IVT4

EUPA ミニグリル(家庭用) TSK-2131P

B00064LH66

Eye-Fi Mobi 8GB:デジカメとスマホの連携に

B00D41F9TO

Appを検索

ページビュー

Twitterから

こちらもどうぞ

ラベル

おすすめ (868) 気になる (668) iPhone (663) つぶやき (630) 物欲 (531) Mac (273) photo (266) web (253) iPad (217) BROMPTON (196) (126) ものすごく気になる (105) iPod touch (103) Amazon (101) ちょっと気になる (96) 食べる (93) App Store (89) ためいき (88) 旅行 (86) iPad2 (77) じいちゃん (68) iPhone4S (64) 散歩 (63) iOS (52) 健康 (52) 自転車 (52) iPhone5 (50) iPad mini (41) Pebble (35) 観光 (34) AUKEY (32) movie (30) 知らなかった (30) お知らせ (29) TOLOT (27) Twitter (26) ブラーバ (26) iPhone6s (25) 懐かしい (25) Mac App Store (24) ANKER (22) iPhone 5s (21) 文具 (20) 覚え書き (20) Hulu (19) iPhone5s (19) ハスラー (19) ルンバ (19) iOS5 (18) GR DIGITAL3 (17) Withings (17) iPod nano (17) ノットほどき (17) Kindle (16) トラブル (16) マンホール (16) 中国 (16) iOS6 (15) 写真 (15) 音楽 (15) 退職生活 (14) ちょっとだけ気になる (13) 昭和 (13) 読書 (13) 買い物 (13) iLife'09 (12) vivofit2 (12) Apple TV (11) Fitbit (11) Netflix (11) YouTube (11) イタリア (11) 主夫力 (11) 子ども (11) Android (10) LiFE* with PhotoCinema (10) Nikon 1 J2 (10) みまもりケータイ (10) ブラーバジェット (10) Apple (9) OSX (9) iMac (9) オーストラリア (9) 料理 (9) (9) Fit3 (8) Google (8) HDR (8) Huawei Mate 9 (8) Kindle Paperwhite (8) トルコ (8) 育児 (8) Bluetooth (7) GR DIGITAL (7) GR DIGITAL 3 (7) ScanSnap (7) Windows (7) タイムセール (7) ポタリング (7) 悩み (7) 植物、 (7) Aperture (6) Book (6) DIY (6) MobileMe (6) iOS7 (6) マイブーム (6) 北京 (6) 銭湯 (6) Apple Store (5) DBPowerEX5000 (5) Kaossilator (5) iPhone4 (5) iTunes Store (5) スペイン (5) セール (5) レビュー (5) 上海 (5) 何も知らない (5) 台湾 (5) 微速度撮影 (5) 無料 (5) 韓国 (5) Apple Wireless Keyboard (4) blogger (4) iLife'11 (4) iPhone 5c (4) セミリタイア (4) ノット外し (4) ミニアンケート (4) 植物 (4) 消しゴム版画 (4) Evernote (3) Final Cut Express 4 (3) iBooks (3) iOS 7 (3) iPad、WiMAX (3) アンペルマン (3) スイス (3) フランス (3) リフォーム (3) 修理 (3) 注目 (3) Apple Watch (2) AppleTV(第4世代) (2) DIME (2) Eye-Fi Mobi (2) Livlis (2) MG6230 (2) Podcast (2) Q7 (2) TextExpander (2) WiMAX (2) iOS5.1 (2) iTunes (2) venova (2) サイン (2) ドイツ (2) フリーフォント (2) プライム (2) ミルメーク (2) モノフェローズ (2) 中欧旅行 (2) 切り絵 (2) 思い出話 (2) 路面電車 (2) iPad2  つぶやき (1) Dropbox (1) Firefox (1) Flickr (1) GarageBand (1) Google Maps (1) LINE (1) Minbox (1) Omoidri (1) Pogoplug (1) SZ-10 (1) SnapLite (1) Spotify (1) TAMRON SP AF60MM Di2 MACRO (1) Tumblr (1) Wiggle (1) egword universal2 (1) iBook (1) iCloud (1) iMovie (1) iOS8 (1) iPod (1) オランダ、ベルギー (1) オーストリア (1) キオク (1) ジャパンカップ (1) パノラマ (1) 歌う (1) 複合機 (1) 輪行 (1)

Blog Archive