2018年8月4日土曜日

【レビュー】ZNT ワイヤレスイヤホン AirCore


ZNT ワイヤレスイヤホン  AirCoreテスターの機会を得ましたのでレビューします。

◆ZNT ワイヤレスイヤホン  AirCoreとは 

ZNT ワイヤレスイヤホン  AirCoreAirPodsをはじめとした最近流行のケースが充電台となった完全ワイヤレスイヤホンです。今回【スマート接続&Bluetooth5.0進化版】として新たにZNTから発売されました。Amazonの製品紹介では次のようになっています。

  • 【スマート接続&Bluetooth5.0進化版】:自動ペアリング機能搭載の AirCore 完全ワイヤレスイヤホンがコード絡みや複雑なボタン操作一切なし、取出すだけでペアリングモードになります。従来2倍になったBluetooth5.0が高速かつ安定なるペアリングを体験頂けます。
  • 【両耳通話&簡単操作】:line会話、オンライン教育やゲームでチームメイトとの交流など、両耳からの音声が没頭できる環境を作り出します。コミュニケーションがもっと楽しくなります。イヤホンボタンで音楽再生/一時停止/曲送り/曲戻しや、電話受信/拒否/リダイヤルなど簡単にできます。
  • 【環境音&IPX5防滴】:道や交差点で後ろからの車に注意を払い、駅でアナウンサーを聞き逃さず、音楽を楽しみながらも身の安全や便利を実現したワイヤレスイヤホンです。運動や小雨にも心配なく、いつでも豊かな音楽を楽しめます。
  • 【高音質&フィット感抜群】:遮音性が高く、バランスの取れてるステレオ音声が迫力&クリアな音楽体験をお届けします。片耳がわずか5gで、耳の穴だけでなく、耳の輪郭にフィットしたデザインが快適かつ安定なる装着性を実現します。
  • 【コンパクト収納&安心なる保証】:紛失の心配なく磁石でコンパクト収納、1回の充電が最大3.5時間使えるイヤホンと、3-3.5回充電できるケースがトータル15時間音楽鑑賞&連続通話できます

記事執筆時では5,880円で、AirPodsの約3分の1の価格です。



◆開封 

高級感のある箱。中央に「ZNT」の箔押しがあります。

20180803083954

スライドして開ける箱かと思いましたが、本のように見開く形でした。磁石が仕組まれています。

Made with This by Tinrocket

内容物。充電台兼キャリングケース、本体、充電用USBケーブル、日本語マニュアル

20180803084145

マニュアルが8ページの完全日本語版なのが安心です。


◆実際に使ってみて 

独特な形のケースです。バッグの中に入れて持ち歩く際に傷がつきやすい不安があります。

中央下のボタンを押すとケースの充電量が分かる仕組みです。白点灯なら「70〜100%」で、満充電ならイヤホンを「3-3.5回充電」することができます。

Made with This by Tinrocket

イヤホンを置くと充電が始まります。つまり、使用してケースに戻すと直ちに充電が開始されるということで、この方式は類似他機種と同じです。

Made with This by Tinrocket

上に写っているのが半年前に購入した片耳タイプのZNT FITです。FITと比べるとサイズが一回り大きいことが分かります。

Made with This by Tinrocket

本体の中央部(クリア)がマルチファンクションボタンですが、突起物があるわけではないので、慣れるまではちょっと迷うかもしれません。

耳への装着方法もちょっとコツが必要で、そこはマニュアルにもきちんと表記があります。「耳の穴に入れてから回す」という点がポイントです。

Made with This by Tinrocket

◆音に関して 

非常にクリアな音で驚きました。上の写真に写っているFITと聴き比べてみると違いは明白でした。ZNT ワイヤレスイヤホン  AirCoreには片耳モードがあり、片方だけを使うことができます。片耳モードで聴き比べても違いは明らかでした。両耳モードだとステレオになりますのでその差はさらに開くことになります。もちろん、価格差が約3倍なので当然といえば当然なのですが、それでも最初に聴いた時にはびっくりしました。

音は高音がとてもきれいに出ている感じで、人によっては低音が足りないと感じる人がいるかもしれません。この部分に関しては、付属のイヤーピースを付け替えることである程度は改善できます。私は、イヤーピースを大・中・小と三つ試してみましたが、中が一番バランスが取れていると感じました。

私は、高音がはっきりしている方が好みなので、このイヤホンは完全に私好みでした。気に入りました。

Bluetoothが途切れることはありませんでした。「従来2倍になったBluetooth5.0が高速かつ安定なるペアリングを体験頂けます」というのは実感できると思います。

環境音モードについて
この機種の特徴の一つである「環境音モード」(道や交差点で後ろからの車に注意を払い、駅でアナウンサーを聞き逃さず、音楽を楽しみながらも身の安全や便利を実現)ですが、デフォルトではオフです。環境音モードの起動はマルチファンクションボタンを2秒長押し(ピ→ピッ、ピッ)です。充電台にイヤホンを戻すとキャンセルされます。

◆まとめ 

Bluetoothイヤホンを使うようになると有線に戻ることができなくなります。そして、その次には後頭部に回り込むようなヘッドバンドがじゃまになります。そういう流れだと最終的にこの製品のような耳の中に入れるだけのものに行き着くわけですが、その際に問題になるのが本体の充電量。小さな本体だけではどうしても充電量に限界があるわけで、その問題解決の方向を示したのが充電台を兼ねたケースです。ケースに戻すたびに充電される方式は理にかなっています。最近、この種の製品がたくさん出ているのは必然でしょう。

最後に残念だったことが一つあります。

それは、本体で直接音量の+ーができないことでした。もちろん回避策はあります。

この製品はSiri対応なので

ファンクションボタン1秒長押し→Siriを起動

「音量を下げて(上げて)」

で可能です。本家AirPodsも同じ方法なので、まあ、こういうものなのでしょうが、例えば「本体のトリプルクリックで音量アップ」などができるとより使い勝手が良くなると思いました。このあたりの要望をかなえ、本体だけで音量の増減ができる機能を持たせた機種が他の一部のメーカーから出ているようですが、今後は同じ流れになっていくのではないでしょうか。

最後にまとめると、AirPodsの3分の1の投資で得られるストレスフリーのBluetoothイヤホン、それがこの製品です。買って後悔することはないと思います。お勧めできます。


ZNT ワイヤレスイヤホン  AirCore


0 件のコメント:

注目の投稿

【記録】旧小牧市立小牧中学校

愛知県 小牧市 に 小牧山 という標高86mの山があります。 小牧山 には 小牧城 があり、かつては 織田信長 の居城でした。(※現在建っている小牧城は別物。昭和42年に名古屋市に住んでいた実業家の 平松茂 が、自身の財産を投じて建設し、小牧市に寄贈したもの) その 小牧山...

このブログを検索

ページビュー

最近よく読まれている記事

人気の投稿(全期間)

ラベル

おすすめ (969) iPhone (676) 気になる (676) つぶやき (671) 物欲 (540) Mac (277) photo (267) web (253) iPad (217) BROMPTON (200) (157) Amazon (128) ものすごく気になる (125) ちょっと気になる (121) じいちゃん (109) iPod touch (103) 食べる (103) ためいき (102) 旅行 (94) App Store (90) iPad2 (77) 散歩 (67) iPhone4S (64) iOS (59) 健康 (59) 自転車 (53) iPhone5 (50) リトルカブ (45) 知らなかった (43) iPad mini (41) 観光 (38) Pebble (35) AUKEY (34) TOLOT (31) movie (30) ブラーバ (30) 懐かしい (30) お知らせ (29) Twitter (27) iPhone6s (27) 覚え書き (27) Amazfit Bip (26) Mac App Store (25) ANKER (23) iPhone 5s (21) 文具 (21) デイキャンプ (20) ハスラー (20) マンホール (20) ルンバ (20) Hulu (19) iPhone5s (19) お気に入り (19) iOS5 (18) GR DIGITAL3 (17) Withings (17) iPod nano (17) トラブル (17) ノットほどき (17) 中国 (17) 退職生活 (17) Kindle (16) 写真 (16) 買い物 (16) iOS6 (15) 音楽 (15) ちょっとだけ気になる (14) 昭和 (14) 読書 (13) Netflix (12) YouTube (12) iLife'09 (12) vivofit2 (12) 子ども (12) Apple TV (11) DIY (11) Fitbit (11) iMac (11) イタリア (11) ブラーバジェット (11) 主夫力 (11) Android (10) Apple (10) LiFE* with PhotoCinema (10) Nikon 1 J2 (10) silhouette cameo 3 (10) みまもりケータイ (10) 料理 (10) OSX (9) アウトドア (9) オーストラリア (9) 育児 (9) (9) Fit3 (8) Google (8) HDR (8) Huawei Mate 9 (8) Kindle Paperwhite (8) iPhone X (8) トルコ (8) Bluetooth (7) GR DIGITAL (7) GR DIGITAL 3 (7) ScanSnap (7) Windows (7) タイムセール (7) ポタリング (7) レビュー (7) 悩み (7) 植物、 (7) Aperture (6) Book (6) MobileMe (6) iOS7 (6) マイブーム (6) 北京 (6) 銭湯 (6) Apple Store (5) DBPowerEX5000 (5) Kaossilator (5) eBay (5) iPhone4 (5) iTunes Store (5) スペイン (5) セール (5) 上海 (5) 何も知らない (5) 台湾 (5) 微速度撮影 (5) 無料 (5) 韓国 (5) Apple Wireless Keyboard (4) blogger (4) echo dot (4) iLife'11 (4) iPhone 5c (4) アンペルマン (4) セミリタイア (4) ノット外し (4) ミニアンケート (4) 植物 (4) 消しゴム版画 (4) Evernote (3) Final Cut Express 4 (3) Flickr (3) iBooks (3) iOS 7 (3) iPad、WiMAX (3) スイス (3) フランス (3) リフォーム (3) 修理 (3) 注目 (3) Apple Watch (2) AppleTV(第4世代) (2) DIME (2) Eye-Fi Mobi (2) LINE (2) Livlis (2) MG6230 (2) Podcast (2) Q7 (2) TextExpander (2) WiMAX (2) iOS5.1 (2) iTunes (2) venova (2) サイン (2) ドイツ (2) フリーフォント (2) プライム (2) ミルメーク (2) モノフェローズ (2) 中欧旅行 (2) 切り絵 (2) 工作 (2) 思い出話 (2) 路面電車 (2) iPad2  つぶやき (1) Dropbox (1) Firefox (1) GarageBand (1) Google Maps (1) Minbox (1) Omoidri (1) Pogoplug (1) SZ-10 (1) SnapLite (1) Spotify (1) TAMRON SP AF60MM Di2 MACRO (1) Tumblr (1) Wiggle (1) egword universal2 (1) iBook (1) iCloud (1) iMovie (1) iOS8 (1) iPod (1) オランダ、ベルギー (1) オーストリア (1) キオク (1) ジャパンカップ (1) パノラマ (1) 歌う (1) 複合機 (1) 輪行 (1)

Blog Archive